ページ

2014/05/02

[Docker][Android] AndroidアプリでHTTP通信を含むコードをDockerコンテナ内で完結させて自動テスト

|
前回の続きで、DockerでAndroidの自動テストを試してみる。

前回は単純なテストケース(中身がないといってもいい)だったが、
実際のAndroidアプリなら大抵の場合は通信が発生するもの。

以下のサンプルでは、DockerでHTTPサーバ(Node.js)を立て、
そのコンテナにAndroid SDK+エミュレータのコンテナを接続することで
すべてDocker上で完結したテストを実行する。
https://github.com/ksoichiro/android-tests/tree/master/docker-http-client

(自分が知らないだけかもしれないが)
従来なら、外部のWeb APIなどと接続するテストは
API基盤側との事情ですぐにできなかったりしたが、
上記のやり方ならAPIのインタフェースさえ分かっていれば(決まっていれば)
開発初期からテストできる。
(開発用の公開サーバを用意しなくても)
外部環境を含めて常に同じ状態を再現してテストできる、というのはうれしい。
しかも、Dockerが使える環境さえあれば
PCのセットアップに時間をかけたりしなくても すぐに同じ構成でのテストが実行できる。

テストの内容

上記の例は、ごく簡単なJSONを固定で返すだけのもので、
前回のエントリでの例と違い、これは合格するように書いてある。

Dockerfileのポイント

HTTPサーバはポートをバインドしてデーモンとして起動する。
名前をつけておくのが重要。

docker run --name node -p 8080:8080 -d ksoichiro/http-mock-server

Androidテスト環境側では、--linkを使って上記モックサーバとリンクして起動させる。
これにより、環境変数を介してモックサーバのIPアドレスを取得できる。

docker run --link node:mock -i -t -v ${PROJECT_ROOT}:/workspace -w /workspace ksoichiro/android-emulator start-emulator "./gradlew :app:connectedAndroidTestIntegrationDebug"

build.gradleのポイント

これはGradle (Android Plugin)ならでは、という感じだが Product Flavorを活用する。
IDEでの開発時、実機でのデバッグ実行、CI、リリース用と一貫して
同じコードベースで管理するためにAPIのベースとなるURLをProductFlavorで変化させてビルドする。

上記の例ではBuildConfigへのフィールド追加機能を使っているが、
これをやってしまうとAndroid Studioでの開発が必須になってしまうので
Eclipseを使うメンバーがいる場合はBuildConfigのような役割を持つ別のクラスを
用意する。
BuildConfigの場合は、以下のように buildConfigFieldでURL用の定数をdefaultConfigの中に定義する。

buildConfigField "String", "REMOTE_URL", "\"https://raw.githubusercontent.com/ksoichiro/android-tests/master/docker-http-client/web/dummy.json\""

これはデフォルト値なので、実際には接続先が開発・ステージング・本番などで分けて用意する必要があるかもしれない。

そして、以下がこのエントリでのメインとなるCI用の設定。
ここでは integration という Flavor を定義して、 ext.mockServer という
プロパティに対して環境変数からIPアドレスを取得して設定している。

productFlavors {
    integration {
        ext.mockServer = System.env['MOCK_PORT_8080_TCP_ADDR']
        buildConfigField "String", "REMOTE_URL", "\"http://${ext.mockServer}:8080\""
    }
    production {
    }
}

上記のDockerfileの書き方でサーバを起動しておき(--name node)、
リンクして(--link node:mock)起動すると、
linkした側ではMOCK_〜という名前の環境変数で接続先のコンテナの情報がとれる。
/etc/hostsが編集できれば良いのだが、読み取り専用で変更ができないため
(これは解決方法があるのかも?)
この環境変数からIPアドレスを取得してURLに埋め込む。
ちなみに $System.env.MOCK_PORT_8080_TCP_ADDRで取得することもできるが
deprecatedのようなのでextを使った方が良さそう。

もう一つのポイントは、BuildTypeでなくProductFlavorを使う、ということ。
エミュレータを使ってテストする場合、Gradle Android Pluginでは
connectedAndroidTestのタスクを使うことになるが、
これは debug の BuildType で実行することになる。
そのため、

buildTypes {
    debug {
        buildConfigField ...
    }
}

としてしまうと
実機につないでテストする場合でもDockerでテストする場合でも
同じconnectedAndroidTestのタスクを使うことになる。
つまり実機でも MOCK_PORT_8080_TCP_ADDR を使おうとしてしまう。

そうではなく、CI専用の設定を作るためには ProductFlavor を使う。
上記のように ProductFlavor として integration, production と定義すれば、

connectedAndroidTest
connectedAndroidTestIntegrationDebug
connectedAndroidTestProductionDebug

というタスクが定義される。
CIの場合は connectedAndroidTestIntegrationDebug を使い、
実機の場合は connectedAndroidTestProductionDebug を使えば良い。

0 件のコメント:

コメントを投稿